非常用電源・太陽光発電・移動型電源として蓄電池

トップページ > 蓄電池のご紹介

蓄電池のご紹介家庭用蓄電池、業務用蓄電池から太陽光発電のソーラーパネルセットまでお客様のご要望に合わせてご提供します。

蓄電池 E TANKシリーズのポイントPOINT

お客様に選ばれている理由ポイント

ソーラー発電を蓄電することが出来ます

ソーラーパネルと接続可能なので、商用コンセントが無い電力インフラの整っていない場所でも、独立して電力を発電して蓄電することが出来ます。 昼間に発電しながら電力を使用したり、昼間に発電・蓄電した電気を夜間に使用することが可能です。

リチウムイオンタイプと鉛タイプの2種類のバッテリーが選択できます

「長寿命のバッテリーを使いたい」「コストを下げて価格を抑えたい」など、性能やコストに合わせて、バッテリーをリチウムイオンタイプと鉛タイプの2種類から選択ができます。
リチウムイオンや鉛のそれぞれの特徴を生かして、用途に合わせても蓄電池を構成できます。

お客様のご要望に応じて定格出力など仕様のカスタマイズが出来ます

「定格出力をもっと大きくしたい」「簡易的な防塵・防滴対策をしたい」「移動が多いのでキャスターを大きくしたい」など、お客様の用途に合わせて出力や外装など仕様のカスタマイズが出来ます。
変更や追加する仕様内容によっては納期がかかる場合がありますが、カスタマイズをお考えの方はお気軽にご相談ください。

用途に合わせて小容量から大容量まで豊富な製品(10機種)を揃えています

ご家庭で使用する卓上照明やテレビなど小型電気製品から、業務用で使用するデスクトップパソコンやサーバー、電話交換機、コピー機、大型冷凍庫など様々な電気製品に対応する製品群です。
非常用としてのご利用から日常でのご利用まで、さまざまなシチュエーションに合わせて製品を選択することが出来ます。

導入時のご相談や購入後のメンテナンスサポート体制も全国対応で安心です

ご利用になる電気製品の消費電力と蓄電容量の組み合わせなど、お客様のご要望にきめ細かくアドバイス致します。ご導入後は当社のエンジニアリングスタッフが全国どこでもメンテナンスサポートします。
装置の点検やバッテリーの交換など迅速に対応します。

蓄電池の豊富なラインアップ

ページトップへ戻る

発電や蓄電のお悩みを解決します。家庭用蓄電池・業務用蓄電池

太陽光発電
太陽光発電

蓄電池で太陽光発電は貯められるの?ソーラーパネルと接続したい

ソーラーパネルと蓄電池のセットで独立型発電システムを作れます。

当社の蓄電池はソーラーパネルと接続して、太陽光で発電した電力を貯めることが出来ます。 蓄電容量に合わせたソーラーパネルと蓄電池をセットでご提供できますので、簡単に独立自立型発電システムを構築できます。
屋外など電気の無い場所でも、震災などで長期間電力が寸断された場合でも、ソーラーパネルと蓄電池の組み合わせで、太陽光発電の電力を貯めながら自立して電気を供給することができます。


非常用電源として

災害などの停電でも電気を使えるの?非常用電源として

小型電気製品から業務用大型電気製品まで様々な電気製品を動かすことが出来ます。

近年は自然災害が多発しており、地震や台風、豪雨、大雪などによる大規模な停電も発生しています。 蓄電池を備えていれば電力が遮断された時の非常用電源として、業務用途でも家庭用途でも様々な電気製品に数時間から数十時間の電力を供給出来ます。 当社では卓上照明など小型電気製品からパソコンやテレビなど、さらにコピー機や冷蔵庫など大型電気製品まで対応する豊富な製品を揃えており、停電から電力復旧までの間に必要な事業や日常生活を継続できます。非常用電源にも企業のBCP対策にも最適です。


移動型電源として

コンセントのない場所で電気を使いたい屋外でも使いたい

コンセントやケーブルタップが無くても電気を供給できます。

商用電力が取れない(コンセントがない)施設や屋外でも、蓄電池を移動型電源としてご利用できます。キャスター付きなので移動も簡単です。 お部屋の中や事務所内での移動はもちろん、野外のイベント会場やアウトドア、電子看板や道路工事の電光表示板などの電源としてもご利用になれます。


蓄電池は価格が高いのでは?予算が限られる

豊富な製品ラインアップで低価格品からご提供出来ます。

蓄電池の価格はバッテリーの種類や蓄電容量によって変わります。当社で扱う蓄電池は、お客様の用途や予算に合わせて種々の製品をご用意しております。機能を絞った低価格品の蓄電池もご提供できますので、先ずはご相談ください。

ページトップへ戻る

蓄電池の仕組みどうやって電気を貯めるの?

平常時は商用電源からの電力をそのまま出力します。停電などで商用電力が遮断されると、バッテリーに蓄えた電力に自動的に切り替わります。
その際にバッテリーからの電力は、インバーターを介して交流正弦波に変換されます。商用電源に接続時は、バッテリーの容量が不足すると自動的に充電を行います。
ソーラーパネルと接続することで、太陽光発電からも充電することができます。



蓄電池しくみ


内部バッテリーの過放電保護機能

一般的にバッテリーは10.5Vが放電終止電圧となります。終止電圧まで放電して、その状態が長時間続くと急速に劣化が進行して再充電ができなくなる可能性があります。
当社の蓄電池は、平常時の使用ではバッテリーの保護のために、放電終止電圧に達する前に放電を停止します。(過放電保護機能)
蓄電満容量に対して鉛タイプでは約50%の放電まで、リチウムタイプでは約80%の放電が可能です。平常時に蓄電池を使用した時に停電となってしまっても、鉛タイプなら最低でも半分の電力が残っていることにもなるので安心です。
尚、非常時にはモード切替でフル放電することが出来ます。



蓄電池内部バッテリー保護回路

ページトップへ戻る

設置と使い方Used

◆ 蓄電池を職場やご家庭のコンセントに繋ぐだけで簡単設置。難しい操作は不要です。
◆ ご利用になる電気器具を蓄電池前面のコンセントに接続ください。
◆ 停電時には自動的に蓄電池からの蓄電電力に切り替わります。



蓄電池使い方


蓄電池使い方


ソーラーパネルとの接続

独立型システムの場合、ソーラーパネルからの出力をチャージコントローラー(別売)を介して蓄電池の12V端子に接続します。充電はソーラーパネルからの電力が優先されます。
商用電力を接続している場合は、天候不順で発電量が低下すると、自動的に商用電力からの充電に切り替わります。
商用電力が無くても、太陽光発電と蓄電した電力供給で自立型エネルギーの生産が可能です。



蓄電池とソーラーパネル
ページトップへ戻る
Copyright(C) EFE Corpration All Rights Reserved.